薄毛を進行させることもある?正しいワックスとの付き合い方

薄毛を進行させることもある?正しいワックスとの付き合い方

数あるスタイリング剤の中でも、アレンジの自由度の高さから人気を集めるヘアワックス。モテに欠かせない清潔感が出せることも魅力のひとつです。しかし、その使い方を誤ると髪にダメージを与えてしまうことはご存じでしょうか?そこで今回は、毎日使うワックスとの「正しい付き合い方」をご紹介します。

ワックスの中に含まれるもの

そもそもワックスとは、ロウ状になっている物質の総称のこと。整髪料メーカーはさまざまな商品をリリースしており、クリーム状のものから泥状のものまで種類は多岐にわたります。これらの商品に共通しているのは、セットしやすいように髪を柔らかくする「界面活性剤」が含まれている点です。この界面活性剤には「天然由来」「石鹸系」「脂肪酸エステル系」「アミノ酸系」「アルコール系」「石油系」があり、このうち天然由来以外のものを「合成界面活性剤」といいます。

合成界面活性剤の中でも石油系の物は、髪を作るたんぱく質を破壊するという厄介な性質を持っています。誤った使い方をしていると、髪が少しずつ細くなり、コシがなくなっていくおそれがあるのです。

また、ワックスが頭皮に付着することで毛穴をふさいでしまい、健全な毛髪の成長を邪魔してしまうこともあります。さらに、地肌についたワックスはアレルギー反応を引き起こすこともあるなど、頭皮環境にとっては決して好ましくない部分があることも事実です。

過度な洗浄という落とし穴

「きれいにシャンプーで洗い流せば問題ないのでは?」と思われるかもしれませんが、実はそこにも落とし穴が潜んでいます。

実際、ワックスでスタイリングした髪はベトッとしていることが多いため、大量のシャンプーを使って強めに洗髪してしまいがちです。すると、頭皮から必要以上に油分が失われて乾燥状態に陥ったり、頭皮を傷付けてしまうことで頭皮環境が悪化し、脱毛を促してしまいます。

「ワックスを使うとハゲる」という噂を聞いたことがあるかもしれませんが、まったく根も葉もない噂というわけではなく、こういった背景があるのです。

それでも、ワックスにはほかのスタイリング剤にはない魅力があるため、簡単には手放したくないという人も多いでしょう。そこで重要なのが「正しい使い方」と「正しい洗髪法」をマスターすることです。

ワックスの正しい使い方

 正しくワックスを使うために心掛けるべきポイントはそう多くありません。基本は「つけすぎない、頭皮につけない、つけっぱなしにしない」の3点で、「たまに休ませる」を意識できたら完璧です。

つけすぎない

ムースやジェルなどを長く使っていた人にありがちなのが、必要以上につけてしまうことです。ワックスは少量でも十分スタイリング効果があるものですから、「かっこいい髪形にしたい」とはやる気持ちを抑え、ごく少量を取るようにしてください。髪の量にもよりますが、小豆1粒くらいが適量です。

頭皮につけない

合成界面活性剤を使っている商品の場合、できるだけ地肌に付着させないよう、髪だけにワックスをつけるようにします。ワックスを両手に満遍なくなじませたあと、毛先に向かって揉むようにつけるのがポイントです。

つけっぱなしにしない

せっかく髪だけにワックスをつけても、そのまま眠ってしまうと頭皮に合成界面活性剤が付着してしまいます。すると、たんぱく質が壊されるだけではなく雑菌も繁殖してしまうので、ワックスをつけたままの睡眠は厳禁です。

たまに休ませる

休みの日などはワックスをつけず、髪にも休憩を与えましょう。

薄毛を進行させることもある?正しいワックスとの付き合い方

ワックスを落とすための正しい洗髪法

洗髪時に最も気をつけるべきことは、「洗いすぎない」ということです。

べとつくワックスを洗い流すため、2回、3回とシャンプーをしてしまう人もいますが、基本は1回だけと考えましょう。どうしても2回シャンプーをしたいときは、1回目はワックスを落とすためだけ、2回目は頭皮を洗うという目的で洗髪しましょう。また、シャンプー前に髪にリンスをつけ、ワックスとリンスが混ざったところでシャンプーを使うと落ちやすくなります。いずれの場合もすすぎは十分すぎるくらい、しっかり行うことをおすすめします。