AGA対策!髪の毛に良い食事のとり方とおすすめメニュー

AGA対策!髪の毛に良い食事のとり方とおすすめメニュー
 
薄毛に悩む人は、育毛剤をはじめ、内服薬や外用薬といった薬、シャンプーなどの髪に直接影響する物ばかりに目を奪われがちです。
 
もちろん、それらは発毛を促してくれるものかもしれません。しかし、1日3回の食事をおろそかにしていると、改善スピードは遅れ、AGAはどんどん進行してしまいます。
薄毛の症状がはっきりしている方は、1回1回の食事を漫然と食べるのではなく、薄毛に良い食べ物を、正しい食べ方でとるようにしてください。
 

AGA対策と食事の関係とは

 

AGAの原因は遺伝やホルモンバランスの乱れなど、複数の要因が考えられていますが、食生活もAGAの原因や進行に影響を与えると考えられています。

 

AGA対策に効果的な栄養素

AGA対策に効果的な栄養素としては、以下のようなものが挙げられます。

 

・たんぱく質:髪の毛の主成分であるケラチンは、たんぱく質でできています。そのため、たんぱく質が不足すると、髪の毛の成長が妨げられ、抜け毛の原因となります。1日のたんぱく質摂取量の目安は、体重1kgあたり1.2〜1.5gです。

 

・亜鉛:亜鉛は、毛母細胞の働きを促進する働きがあります。また、DHTの生成を抑える働きもあると考えられています。亜鉛が不足すると、髪の毛の成長が遅くなったり、抜け毛が増えたりする可能性があります。1日の亜鉛摂取量の目安は、成人男性で11mgです。

 

・ビタミンB群:ビタミンB群は、エネルギー代謝や細胞の新陳代謝を促進する働きがあります。これらの働きが低下すると、髪の毛の成長が妨げられ、抜け毛の原因となります。ビタミンB群が不足すると、髪の毛の乾燥や枝毛、抜け毛などの症状が出る可能性があります。

 

・ビタミンC:ビタミンCは、コラーゲンの生成を促進する働きがあります。コラーゲンは、髪の毛のハリやコシを保つために重要な成分です。ビタミンCが不足すると、髪の毛のハリやコシが失われる可能性があります。

 

・ビタミンE:ビタミンEは、抗酸化作用を持つ栄養素です。酸化ストレスは、髪の毛の成長を妨げたり、抜け毛の原因になったりすると考えられています。ビタミンEが不足すると、髪の毛の乾燥や枝毛、抜け毛などの症状が出る可能性があります。

 

 

AGA対策には、以下の食事を注意することも大切です。

・高脂肪食:高脂肪食は、血行を悪くする原因となります。血行が悪くなると、頭皮に栄養が行き渡りにくくなり、髪の毛の成長が妨げられてしまいます。

・糖質過多:糖質過多は、インスリンの分泌を促進する原因となります。インスリンは、DHTの生成を促進する働きがあると考えられています。

・アルコール:アルコールは、血行を悪くする原因となります。また、DHTの生成を促進する働きもあると考えられています。

 

 

 

AGA対策にベターな食事のとり方とは?

 
AGA対策にはバランスの良い食事が重要になります。

AGAの原因は複雑ですが、遺伝的要因や男性ホルモンの影響に加え、食生活も関係していると考えられています。

 

そこで今回は、AGA対策にベターな食事のとり方についてご紹介します。

 

1. タンパク質を積極的に摂取する

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質です。そのため、髪の毛を健康に保つためには、タンパク質を積極的に摂取することが大切です。

 

タンパク質は、肉類、魚類、卵、大豆製品などに多く含まれています。毎食手のひらサイズのタンパク質を意識的に摂取するようにしましょう。

 

 

2. ビタミンやミネラルをバランスよく摂取する

ビタミンやミネラルは、髪の毛の成長や頭皮の健康を維持するために必要な栄養素です。

 

ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、鉄などが、AGA対策に効果があるとされています。

 

これらの栄養素は、野菜や果物、きのこ類、海藻類などに多く含まれています。

 

 

3. 亜鉛を意識的に摂取する

亜鉛は、髪の毛の成長や頭皮の健康を維持するために重要な役割を果たすミネラルです。

 

亜鉛が不足すると、髪の毛が薄くなったり抜けたりしやすくなると言われています。

 

亜鉛は、牡蠣、牛肉、レバー、チーズなどに多く含まれています。

 

 

4. 糖質や脂質の摂り過ぎに注意する

糖質や脂質を摂り過ぎると、皮脂の分泌が過剰になり、頭皮環境が悪化します。

 

頭皮環境が悪化すると、髪の毛が薄くなったり抜けたりしやすくなると言われています。

 

糖質や脂質は、ご飯、パン、麺類、揚げ物などに多く含まれています。

 

 

5. 水分を十分に摂取する

水分不足になると、頭皮が乾燥して、髪の毛が薄くなったり抜けたりしやすくなると言われています。

 

1日2リットル程度の水を摂取するようにしましょう。

 

 

6. 規則正しい食生活を送る

不規則な食生活は、栄養バランスの乱れにつながります。

 

栄養バランスが乱れると、髪の毛に必要な栄養素が不足し、AGAを発症しやすくなると言われています。

 

規則正しい食生活を送るように心がけましょう。

 

 

AGA対策には、タンパク質やビタミン、ミネラルを積極的に摂取し、糖質や脂質の摂り過ぎに注意することが大切です。

 

また、水分を十分に摂取し、規則正しい食生活を送ることも重要です。

 

さらに、ストレスを溜めないことも、AGA対策に効果があります。

 

これらのポイントを意識して、AGA対策に効果的な食事を心がけましょう。

 

AGA対策になる栄養素【たんぱく質】

 

AGA対策になるたんぱく質は髪の毛の主成分です。

AGAの進行を抑制するためには、生活習慣の改善や専門医療機関での治療が有効ですが、栄養バランスの良い食事も重要です。

 

その中でも、AGA対策に特に重要な栄養素が「たんぱく質」です。

 

髪の毛は、ケラチンというたんぱく質で構成されています。 たんぱく質が不足すると、ケラチンの合成が十分に行われず、髪の毛の成長が妨げられ、抜け毛の原因となります。

 

AGA対策のためには、1日に60g以上のたんぱく質を摂取することが推奨されています。

 

たんぱく質を多く含む食品としては、以下のようなものがあります。

・肉類:鶏肉、牛肉、豚肉など

・魚介類:鮭、サバ、イワシなど

・卵

・大豆製品:納豆、豆腐、味噌など

・乳製品:牛乳、ヨーグルト、チーズなど

 

これらの食品をバランス良く摂取するようにしましょう。

また、たんぱく質を効率よく吸収するためには、以下の点に注意すると良いでしょう。

・たんぱく質を含む食品を、他の食品と一緒に食べる

・たんぱく質を消化しやすいように、よく噛んで食べる

・ビタミンB群を一緒に摂取する

 

 

ビタミンB群は、たんぱく質の代謝を促進する働きがあります。 ビタミンB群を多く含む食品としては、豚肉、レバー、玄米、豆類などがあります。

 

AGA対策のためには、たんぱく質を意識的に摂取することが大切です。 上記を参考に、バランス良くたんぱく質を含む食品を摂取するようにしましょう。

 

生活習慣の改善や専門医療機関での治療と合わせて、栄養バランスの良い食事を心がけることで、AGAの進行を抑制し、髪の毛の健康を維持することができます。

 

 

AGA対策になる栄養素【ビタミンB6・ビタミンE】

 

AGAの方はビタミンB6とビタミンEを摂取すると良いです。

 

ビタミンB6とビタミンE

 

AGA対策に効果的な栄養素として、ビタミンB6とビタミンEが挙げられます。

 

ビタミンB6

ビタミンB6は、タンパク質の代謝を促進する働きがあります。髪の毛はタンパク質で構成されているため、ビタミンB6を摂取することで、髪の毛の成長を促す効果が期待できます。

 

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用があり、頭皮の血行を促進する働きがあります。血行が促進されることで、毛根に栄養が送り届けられ、髪の毛の成長が促進されます。

 

 

ビタミンB6とビタミンEを多く含む食品

 

ビタミンB6とビタミンEを多く含む食品は以下の通りです。

ビタミンB6

鶏肉

豚肉

レバー

バナナ

アボカド

ビタミンE

アーモンド

うなぎ

かぼちゃ

ブロッコリー

アボカド

 

 

これらの栄養素は、AGA治療薬の効果を高める補助的な役割を果たします。AGAの症状が進行している場合は、専門医に相談することをおすすめします。

 

AGA対策には、日々の食事からビタミンB6とビタミンEを積極的に摂取することがおすすめです。これらの栄養素は、髪の毛の成長を促進し、AGAの進行を抑制する効果が期待できます。

 

 

 

AGA対策になる栄養素【亜鉛】

 
抜け毛対策に効果的なのは亜鉛の摂取です。

AGAの原因は複雑ですが、近年では亜鉛不足も影響していると考えられています。

 

亜鉛とAGAの関係

亜鉛は、髪の毛の成長に必要なタンパク質の合成や、細胞分裂に関わる重要な栄養素です。

 

亜鉛が不足すると、髪の毛の成長が阻害され、抜け毛が増えてしまう可能性があります。

 

また、亜鉛には男性ホルモンの働きを抑える効果もあるため、AGAの進行を抑制する効果も期待できます。

 

 

亜鉛を多く含む食品

亜鉛は、牡蠣、牛肉、レバー、チーズ、ナッツ類など、多くの食品に含まれています。

 

亜鉛の摂取量の目安

亜鉛の1日の摂取量の目安は、男性10mg、女性8mgです。

 

AGA対策として亜鉛を摂取する際の注意点

亜鉛は過剰摂取すると、吐き気や嘔吐などの副作用が出ることがあります。

そのため、サプリメントなどで亜鉛を摂取する場合は、過剰摂取に注意する必要があります。