薄毛の救世主?男たちの美容外科オリジナル「マイティアップ内服薬」とは

薄毛の救世主?男たちの美容外科オリジナル「マイティアップ内服薬」とは

薄毛が気になっていろいろな薬やマッサージなどを試してみたものの、なかなか効果が出なくて悩んでいる。そんな男性におすすめなのが、男たちの美容外科オリジナルの「マイティアップ内服薬」です。
日本皮膚科学会が2010年に発表した「男性型脱毛症診療ガイドライン」で、「治療に強くすすめられるもの(Aランク)」に指定された「フィナステリド」と「ミノキシジル」を配合。これらの有効成分の吸収率の向上を図ったマイティアップ内服薬が、薄毛に悩む男性の救世主になるかもしれません。

脱毛スイッチをオンにさせない「フィナステリド」の効果

マイティアップ内服薬の主成分を紹介するまえに、まずは脱毛のメカニズムをご紹介しましょう。
男性型脱毛症である「AGA」を引き起こす原因とされるのは、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンです。DHTは耳にしたことがなくても、闘争心やモチベーションを高める男性ホルモン「テストステロン」は、ご存じという方も多いのではないでしょうか。このテストステロンと皮脂腺から出る「5α還元酵素」が結び付くことで、DHTが生成されてしまいます。DHTが毛乳頭細胞の「男性ホルモン受容体」と結合した状態を放置していると、脱毛スイッチがオンになってしまうのです。

薄毛の救世主?男たちの美容外科オリジナル「マイティアップ内服薬」とは

現在の技術では、5α還元酵素の分泌を防ぐことはできません。しかし、「フィナステリド」が5α還元酵素に働きかけることで、テストステロンの変化をブロックし、DHTの発生を抑えることができるのです。

毛髪の成長期を延ばして脱毛をもとから絶つ「ミノキシジル」

フィナステリドとはまったく違った方向性で、脱毛を止める効果が認められているのが「ミノキシジル」です。毛髪にはサイクルがあり、「成長期」「退行期」「休止期」を繰り返しています。AGAになった人の毛髪は、このサイクル内の成長期が著しく短いという特徴があります。
髪の成長期を延ばすには、血管を拡張して血流を増やし、「毛髪の細胞分裂を促す」ことが良いとされています。ミノキシジルは、この血流を増やす効果があると認められた成分なのです。

男たちの美容外科オリジナル「マイティアップ内服薬」の特徴は、AGAに効果があると認められた2つの有効成分を配合した点です。脱毛の原因を絶つと同時に毛髪の細胞分裂を促進することで、AGAの進行を止め、髪を取り戻すことができるのです。
また、髪の毛の主成分であるタンパク質を作る「アミノ酸」や、アミノ酸の吸収を高める「ビタミン」も配合。さらに、血液循環を正常に保つ「高品質ドロマイト」や、抜け毛を防ぐ「焼成カルシウム」などの特許成分を含んでいます。

薬の効果をさらに高めるべく、外からのアプローチも実施

フィナステリドとミノキシジルを配合した「マイティアップ内服薬」は、毛髪補強成分や吸収率をアップする成分を含んでいるため、単体で服用しても十分な効果が見込めます。しかし、内服薬という「体の内側からのアプローチ」に加え、外側からのアプローチも同時に行うことで、より大きな効果を生むこともわかってきました。男たちの美容外科では、内服薬と同時に、症状に合わせて以下の治療を行っています。

発毛カクテル注射

フィナステリドとミノキシジルを高濃度に配合した「発毛カクテル注射」を頭部に直接注入することで、さらなる効果が見込めます。もちろん、配合は患者様一人ひとりに合わせて個別に行いますから、副作用などを気にすることなく、安心して内服薬と併用することができます。

薄毛の救世主?男たちの美容外科オリジナル「マイティアップ内服薬」とは

医療ヘッドスパ

自分でシャンプーをしただけでは落ちにくい皮脂や汚れが、頭皮の血行を悪くしていることがあります。これを取り除く有効な手段がヘッドスパです。男たちの美容外科の「医療ヘッドスパ」は、まず頭皮にスチームをあててから洗髪し、2回目のスチームをあてた上で、入念なマッサージに移行します。さらに、マッハの水圧をかけるジェットピールと、超低温で頭皮を冷やす施術で仕上げることで頭皮の血行を促進しています。

薄毛の救世主?男たちの美容外科オリジナル「マイティアップ内服薬」とは