赤いかゆみと白いフケは危険のシグナル?頭皮とかゆみの密接な関係

赤いかゆみと白いフケは危険のシグナル?頭皮とかゆみの密接な関係

頭がかゆいと思ってよ~く頭皮を見ると、赤く炎症を起こしている。実際にかいてみると白いフケがパラパラ…。このような頭皮環境になっている人はいませんか?しかし、一口に「頭がかゆい」といっても原因はさまざまですから、当然、対策もそれぞれ異なります。また、フケがかゆみの原因になっていることもあります。

そんなに深刻ではないだろうと放っておくと、あとで思わぬ病気につながることがある頭のかゆみについて、しっかり学んでおきましょう。

大別すると5つある頭皮のかゆみの原因

頭がかゆくなる原因は多様ですが、大きく5つに分けることができます。

1.乾燥

肌のトラブルを招く冬場の乾燥。当然のことながら、肌の一部である頭皮の環境にも悪影響を及ぼします。頭皮はさまざまなものによって守られていますが、乾燥して水分が失われるとその組成が壊され、いわば丸腰の状態になってしまうのです。すると、少しの刺激で頭がかゆくなってしまいます。また、気候がそんなに乾燥していないときでも、ドライヤーをかけ過ぎると簡単に乾燥状態に陥ってしまうので注意しましょう。

2.皮脂の過剰分泌

乾燥とは反対に、皮脂がたくさん分泌されて毛穴が詰まってしまい、かゆみが引き起こされることもあります。毛穴が詰まると老廃物の排出が滞り、頭皮に悪影響を与える物質に変容してかゆみを引き起こします。

3.頭皮の炎症

カラーリングやパーマは男女問わず一般的になっていますが、同時に頭皮に炎症を起こす例も増えています。肌に優しいオーガニック素材を使った液剤もありますが、それでも液が直接ふれた部分や、洗い流すときにすすいだ液がふれたところがかぶれたり、腫れたりすることがあるのです。また、長時間の日焼けや蒸れなども、炎症を引き起こす原因となるので注意してください。

4.雑菌

不衛生な頭皮環境を続けたり、過剰に皮脂が分泌されたりすることによって、頭皮に雑菌が繁殖してしまうケースがあります。雑菌は好物の皮脂を分解する際に脂肪酸を生成しますが、その酸が頭皮にダメージを与えてかゆくなるというメカニズムです。

5.洗髪時の洗い残し

シャンプーやトリートメントを使用すること自体は、髪にとって決して悪いことではありません。洗髪を行うことで頭皮環境を改善できるからです。しかし、しっかり洗い流さないと頭皮環境にダメージを与えてしまいます。特にシャンプーに配合されている合成界面活性剤が残ってしまうと、地肌を荒れさせて強いかゆみの原因となります。

赤いかゆみと白いフケは危険のシグナル?頭皮とかゆみの密接な関係

頭皮のかゆみやフケへの対策

頭皮のかゆみと同時に、フケが発生することもあります。フケの原因は、乾燥や皮脂の過剰な分泌といったかゆみの原因と重なり合っていることが多いからです。では、頭のかゆみやフケに悩まされている方は、どうすればいいのでしょうか。

かゆみやフケの対策は多岐にわたりますが、乾燥に対しては保湿を心掛けることが有効です。特に乾燥がひどいときは、保湿剤(化粧水など)に頼ってみるのもいいでしょう。また、食生活も頭皮環境に大きな影響を及ぼします。特に皮膚や粘膜、毛髪の再生を助ける効果が期待できる「ビタミンB2」と、皮脂の分泌を整えて炎症を抑える効果が期待できる「ビタミンB6」は、積極的に摂取してください。もうひとつの大敵はストレスです。うまくストレスをコントロールして、イライラした気持ちを溜め込まないようにしましょう。

これらに加え、頭皮環境を整えることも忘れてはいけません。頭皮を清潔に保つ洗髪を欠かさず、洗い流しにしっかり時間をかけるようにしましょう。余裕があるときは頭皮マッサージで血行を促進し、新陳代謝を活発にさせると完璧です。

かゆみやフケは病気のサイン?

頭がかゆかったり、フケが出たりする程度のことであれば「何も対策をしない」という人もいるでしょう。しかし、そのかゆみやフケは「病気のサイン」かもしれません。

例えば、フケは「脂漏性皮膚炎」という病気に発展することがあります。症状はそれほど深刻ではありませんが、頭部から嫌なにおいを放つ原因にもなりますので放っておくわけにはいきません。また、「しらくも(頭部白癬)」という病気をご存じでしょうか。水虫の原因と同じ白癬(はくせん)菌に感染してしまうことで、脱毛が促されることがあります。白癬菌は人から人へと感染してしまいますので、看過できません。さらに、「乾癬(かんせん)」という病気もあります。これは感染の心配はありませんが、皮膚が炎症するばかりか腫れ上がり、強いかゆみや出血を伴ってしまうこともある怖い病気です。特に患部が厚くなると毛根にダメージを与え、脱毛の原因となってしまいますので、気付いたらすぐに治療を始めるようにしましょう。

髪の毛や頭皮を守るためには、日頃から頭皮環境を意識しておく必要があります。比較的症状の軽いかゆみやフケだからといって軽視することは禁物です。小さなきっかけを見逃さず、症状が軽いうちに対策を施すこと、そして、毎日しっかり頭皮をケアすることを心掛けてください。