福岡、広島で男性専門のAGA、発毛、育毛、薄毛治療クリニックは男たちの美容外科 | 目頭切開 について

ご予約・ご相談・お問い合わせ

男たちの美容外科|目頭切開

目頭切開

目頭切開手術では、目頭の切れ込みを上まぶた側から覆っている皮膚である『蒙古(もうこ)ヒダ』を、内側(鼻側)に引き寄せるように調整し、ヒダで隠れていた白目や涙丘(赤い部分)を見えるようにします。 蒙古ヒダのかぶさり具合が軽くなり、目と目の間隔が短縮することで、顔全体の印象も変化します。また、目の横幅を拡大する効果があるため、二重まぶた手術や眼瞼下垂手術のような目の縦幅を拡大する手術と組み合わせることで、目をより大きく見せることができます。 目頭切開手術にはさまざまな方法がありますが、当院では主に「(ミニ)Z形成術」を採用しています。

目頭部分に蒙古ヒダが覆いかぶさっている状態。

矢印方向に蒙古ヒダの皮膚を伸ばして鼻の方向に寄せた状態にし、切開の範囲をミリ単位で正確にデザインしていきます。

「ミニZ法」による手術では、周囲の皮膚を切り取る必要がありません。手術直後の傷はほとんど目立ちません。


このような方におススメ

  • (蒙古ヒダのかぶさりが強く、)目が離れて見える方
  • (蒙古ヒダのかぶさりが強く、)目が細く見える方
  • (蒙古ヒダのかぶさりが強く、)目つきがキツめの方
  • アイプチや埋没法では自然な「平行型二重」が作りにくい方

当院の目頭切開手術の特徴

  • 目頭間の短縮量をミリ単位で正確にデザイン
  • 皮膚を切り取らない術式のため、傷あとが目立ちにくく、将来的な修正にも対応しやすい
  • 他院で行った目頭切開手術の修正にも対応可能
蒙古ヒダ形成術について

当院では、蒙古ヒダ再生のための形成術も行っております。他のクリニックで目頭切開手術を受け、目頭を切り拡げすぎて不自然になった方や、切開した部分を元に戻したいとお考えの方はお気軽にご相談ください。

施術の流れ

カウンセリング
色々な疑問や質問に患者様がご納得していただくまで丁寧にお答えいたします。手術をご希望される方は、手術の日程を決めていただきます。

当日
局所麻酔をかけ手術をおこないます。目頭の蒙古ヒダを切開、縫合します。

抜糸(術後6日前後)
経過に問題なければ抜糸をします。

  • 施術直後より2日間はこまめに冷却をし、入浴やアルコール摂取はお控えください。(血行が良くなると腫れがひきにくくなります)
  • 洗髪、目の周りに気をつけながらの洗顔は翌朝から可能です。その際、洗顔料の成分が残らないようにきちんとすすいでください。
  • こすったりもんだりして刺激を与えないでください。

症例写真

当院患者様(19歳)
目頭切開+埋没法

二重まぶた症例写真

「あまり極端に変えたくない」という患者様のご要望により、控えめな切開を施しています。(Z形成術)
 ※ご希望により切開の幅を調整いたします。事前のカウンセリングでご相談下さい。
当院患者様(35歳)
  • 形成外科専門医と麻酔科専門医の監修のもとで行うことにより一人ひとりの患者様の状態に合わせた適切な手術や麻酔投与を行う事を徹底しております。
  • ■ 患者様にご安心頂けるよう、1週間後の経過観察やその後の経過についてのご相談も責任を持って行っております。
  • ■ 手術瘢痕(傷あと)が目立ちにくくなるように、切開や縫合にも細心の注意を払って施術を行います。

施術について

施術時間

約1時間(両側)

通院について

5~7日後に抜糸

施術中の痛み

ほとんど無し

洗顔

翌日から可

シャワー

翌日から可



来院のご予約
メール相談・お問い合わせ

来院のご予約
メール相談