福岡、広島で男性専門のAGA、発毛、育毛、薄毛治療クリニックは男たちの美容外科 | プロペシア(内服薬)

ご予約・ご相談・お問い合わせ

AGA・薄毛治療・発毛・育毛なら【男たちの美容外科】発毛 育毛 男たちの美容外科プロペシア(内服薬)

プロペシア(内服薬)

男性型脱毛症(AGA)の進行を抑制するプロペシア。
主成分の「フィナステリド」は本来、前立腺ガンや前立腺肥大の治療薬として開発された医薬品で、発毛効果があることが認められ、近年発毛薬プロペシアとして処方されるようになりました。日本皮膚科学会の薄毛ガイドラインでも最高ランクに認定された効果の高い有効成分です。

プロペシアは医療用医薬品であるため、購入には必ず医師の診断・処方箋が必要となります。(保険適用外)
ネットなどで違法に購入できるプロペシアには偽造薬が流通していることも少なくありません。
危険ですので、必ず正規販売クリニックで医師の処方を受けてからご購入下さい。

プロペシアの効果効能

AGA(男性型脱毛症)の主な原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン) はAGAで悩む男性の脱毛箇所の頭皮に通常より多く確認されています。DHTは5α還元酵素によってテストステロンが変換され生成されます。DHTとは、 皮脂腺より分泌される5α還元酵素という物質によって、男性ホルモンのテストステロンが変化させられた物質のことで、これが毛乳頭細胞に存在する 男性ホルモン受容と結合してしまうと「脱毛スイッチ」がオンになってしまいます。その結果、退行期の細い毛髪が増えたり毛髪が長く太い毛に成長する前に抜けてしまうので、毛髪が薄くなってしまうのです。
プロペシアは、AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5α-還元酵素を阻害することでDHTの産生を抑制します。これにより成長期 が長くなり細くなった髪の毛にコシが出てきたり、休止期にある毛穴からの毛髪も成長しAGA改善の効果が期待できます。

フィナステリドの「脱毛ストップ効果」

内服薬に含まれるフィナステリドは、AGAの原因の根源「5α還元酵素」という酵素に働きかけ、「テストステロン」が悪玉男性ホルモンに変化するのをブロックし、脱毛を防ぎます。

プロペシアを6ヶ月以上続けた男性の約90%が効果を実感

プロペシアを6ヶ月以上の使用した患者様の90%が効果を実感、3年間で98%の方に有効という臨床結果も出ています。効果には個人差がありますが、服用後3ヶ月位で抜け毛の減少があらわれ4~6ヶ月位で脱毛の進行が弱まります。薬の効果は人によって差があり、失った毛髪を全て再生するというわけではありませんが、継続的に治療することによって確かな結果が得られます。

フィナステリド内服薬

男性型脱毛症(AGA) の進行を抑制するプロペシアの国内で初めてのジェネリック(後発医薬品)です。安全性や有効性はプロペシアと変わりはありません。詳しくはお問合わせ下さい。

オリジナル内服薬

来院のご予約
メール相談・お問い合わせ

来院のご予約
メール相談