ヘアカラーでハゲるって本当?抑えておきたい3つの対策

ヘアカラーでハゲるって本当?抑えておきたい3つの対策

「ヘアカラーをするとハゲる」と聞いた事はありませんか?

 

今回はヘアカラーとハゲの関係について説明していきます。
結論、ヘアカラーをするとハゲるという直接的な関係はないものの、間接的にハゲに

繋がる可能性はあります。この記事では、そうならないための対策ついても解説していきます。

 

ヘアカラーでハゲる?

 
ヘアカラーでハゲるって本当?抑えておきたい3つの対策
 

ヘアカラーをするとハゲるといったことは、ヘアカラーの薬剤が頭皮にダメージを与えるためと言われます。そのため、ヘアカラーをすると薄毛になるといった直接的理由ではありません。

しかし、ヘアカラーの薬剤が頭皮へダメージを与えることには変わりないので注意が

必要です。特に毛髪の色素を分解する「ブリーチ」や、毛髪を脱色し酸化染料を浸透

させるような「ヘアカラー」は頭皮へのダメージが大きいです。一方、脱色効果は低い

ものの、毛髪表面に色のついたコーテイング剤を付けるヘアマニュキュアであれば、

頭皮へのダメージほとんどないと言われています。

 

ヘアカラーがハゲに繋がる原因

ヘアカラーによってハゲに繋がる原因は「頭皮へのダメージ」であることは、

前述しましたが、頭皮がダメージを受ける原因は2つあります。

 

ヘアカラーがハゲに繋がる原因【薬剤が頭皮に付着する】

 

ヘアカラーでハゲるって本当?抑えておきたい3つの対策

 

ヘアカラーの薬剤は頭皮に悪影響を与えます。

・アレルギー性接触皮膚炎

・刺激性接触皮膚炎

考えられる症状としてはこの2つがあります。
 

アレルギー性接触皮膚炎

カラーの施術後48時間で最も症状がひどくなり、かゆみ・赤み・腫れ・ブツブツ・

滲出液(しんしゅつえき)・顔全体の腫れなどといった症状が発症します。
 

刺激性接触皮膚炎

ヘアカラーの施術中に頭皮がヒリヒリしたり痛みを伴う症状です。アレルギー反応がなくても敏感肌の方や、繰り返しヘアカラーを行うことで誰でも起きる可能性があります。
 
このようにヘアカラーでの薬剤は頭皮に対してアレルギー反応を起こしたり、刺激物となります。これにとって毛根にダメージを与え、髪の毛を生成する働きを持つ毛母細胞が

傷つき、発毛作用に影響を与えてしまう可能性があります。

ヘアカラーがハゲに繋がる原因【カラー剤が毛穴に詰まる】

 

ヘアカラーでハゲるって本当?抑えておきたい3つの対策

 

薬剤が毛穴につまってしまい、新しい髪が生えにくくなる場合があります。毛穴に詰まると細菌が繁殖します。細菌が繁殖すると頭皮環境は悪くなり、皮脂が増え、血行不良などの原因となります。血行不良になると髪の毛に十分な栄養を届けれないことから、脱毛の原因にもなります。
 
またこれは物理的にも、薬剤によって毛穴が詰まり、髪の毛が新しく生えてこないと

いった薄毛の原因にもなりえます。

 

ヘアカラーでハゲないための対策

ここではヘアカラーでハゲないための3つの効果的な方法についてお伝えします。

ヘアカラーでハゲないための対策【市販のカラー剤を使わない】

 

ヘアカラーでハゲるって本当?抑えておきたい3つの対策

 

市販のカラーリング剤を使ってのカラーリングは手軽な一方で、自分で薬剤を頭皮に

付けていくために、頭皮に薬剤が付き頭皮へのダメージが大きいです。一方で、美容院等のプロによる施術では、髪や頭皮の状態を見ながら自分にあった薬剤を選んでくれる

だけでなく、頭皮に付かない形でカラーリングをしてくれます。
 
また、施術後のトリートメントや薬剤も残さず落としてくれます。そのため、頭皮への

ダメージを最小限に抑えることが可能です。

 

ヘアカラーでハゲないための対策【ヘアマニキュアを行う】

 

ヘアカラーでハゲるって本当?抑えておきたい3つの対策

 

ヘアマニキュアはカラーリング手段の中でも、ダメージは比較的小さな染髪方法です。

カラーリングではブリーチのような脱色であったり、髪の毛に酸化染料を髪の毛に浸透されたりします。しかしヘアマニキュアはこれらの染髪方法とは異なり、カラー液を髪の毛に浸透させず、表面に定着させる方法です。
 
そのため、髪の毛や頭皮へのダメージもほとんどない形での染髪が可能です。

 

ヘアカラーでハゲないための対策【カラー後のケアを入念に行う】

 

ヘアカラーでハゲるって本当?抑えておきたい3つの対策

 

施術後に用いるシャンプーやコンディショナーは、できるだけ髪に優しいものを選ぶことが重要です。

 

一般に販売されている石油系や高級アルコール系のシャンプーでは、洗浄力が強く頭皮へのダメージが大きいです。
 
また、洗浄力が強いことで頭皮に必要な油分まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥、皮脂の過剰分泌によって、毛穴が詰まり頭皮のトラブルになりかねません。
 
そのため、洗浄力が優しく頭皮への負担も少ない「アミノ酸系界面活性剤」や「植物系界面活性剤」を使ったシャンプーを選び、必要な皮脂は残して汚れをキレイに洗い流すことがおすすめです。
 
また、洗髪時は手のひらでシャンプーを泡立て、優しくシャンプーするのがポイントです。ゴシゴシと頭皮強く擦ることで頭皮が傷ついてしまう可能性があります。
 
お風呂から上がった後も、濡れた髪を濡れっぱなしにせず、しっかりとドライヤーで

乾かしましょう。
 
濡れた髪をそのまま放置すると、頭皮に雑菌が繁殖し頭皮環境が悪くなり、それが原因でハゲてしまうといった可能性もあります。