薄毛は遺伝のせいだった?AGAが遺伝するメカニズムと防ぐためにできること

薄毛は遺伝のせいだった?AGAが遺伝するメカニズムと防ぐためにできること

「うちは薄毛家系なんだ」とか「父親がハゲてるから髪はあきらめている」といった薄毛と遺伝についての言葉を聞いたり、自分から話した経験がある人も多いのではないでしょうか。そして、これらは決して噂ではなく、実際に「薄毛は遺伝」するのです。しかし、一口に遺伝といっても、父方と母方によって影響は異なります。そこで、AGAが遺伝するしくみを紹介しつつ、発症前後にできることや遺伝以外の要因について解説します。

AGAと遺伝と男性ホルモンの意外な関係

男性が薄毛の遺伝を考えるとき、頭の中には父親の姿があると思います。父親が若いうちから薄毛であるために、「自分もそうなるのではないか」と強い不安を抱いている男性は多くいます。ところが、海外の研究で意外なことがわかってきました。簡単にいうと「薄毛に関わる遺伝は、父方よりも母方の影響がより強い」というものです。

薄毛になるかならないかは、X染色体の中にある「アンドロゲン」という男性ホルモンの受容体の違いで大きく左右されます。X染色体は、男性にとっては母方からのみ受け継ぐものなので、「薄毛に関わる遺伝は、父方よりも母方の影響がより強い」という結論になるのです。

そこで着目したいのが、母方の祖父の毛髪状況です。もし、母方の祖父が薄毛である場合、あなたはAGAを発症する可能性が高くなります(なお、女性は薄毛の進行を妨げる女性ホルモンを多く保有しているため、一般的に薄毛になりにくいといわれています)。

遺伝によるAGAが発症するまえに専門医の診断を

「自分の母方の祖父は薄毛だから、もうあきらめるしかない」と打ちひしがれる必要はありません。遺伝によるAGAが発症するまえにできることがあるからです。

その代表的な存在が「育毛剤」であることに異論がある人は少ないでしょう。育毛剤と聞くと、すでに薄毛になった人が対症療法的に使用するというイメージがあるかもしれません。実際にそういう使い方もできますが、実はAGAの予防に使うこともできます。もちろん、目に見えて頭髪が薄くなってから使うより、フサフサしている段階から使用することをおすすめします。ただし、適切なアイテムを選び、用法・用量を守らないと、かえって悪化するリスクもありますので注意しましょう。

一番確実なのは、やはり専門の医療機関に足を運ぶことです。専門家に毛髪状況をチェックしてもらい、適切な診断や指導をしてもらえば「大きな安心感」が得られるでしょう。

薄毛は遺伝のせいだった?AGAが遺伝するメカニズムと防ぐためにできること

症状が出てから治療を受けても改善可能になったAGA

AGAの症状が出ていない段階でクリニックに足を運ぶ人はほとんどいません。そのため、大多数の人は何らかの症状が出てから専門家を頼るのが実情です。かつては、それほど有効ではない手段が選ばれることもありましたが、現在は効果の高い内服薬や外用薬、注入治療などAGAの治療方法が充実していますので、症状の軽い段階から通うことができれば、高い確率で改善が見込めます。

ちなみに、「男たちの美容外科」では、日本皮膚科学会が効果を認めた「フィナステリド」と「ミノキシジル」を加えたオリジナル内服薬「マイティアップ」をはじめ、「発毛カクテル注射」や「ステムリペア」「医療ヘッドスパ」など、豊富な治療方法を用意しています。もちろん、治療を始めるまえには患者様とじっくり話し合い、症状に合った治療法を選択します。

薄毛は遺伝のせいだった?AGAが遺伝するメカニズムと防ぐためにできること

AGAは遺伝だけが原因ではない

最後に伝えておきたいのは、AGAの原因として「遺伝の影響は大きいものの、すべてではない」ということです。例えば、専門医の診断を受けずに質の悪い育毛剤を使用したり、用法・用量を守らずに育毛剤を使ったりしてしまうと、毛髪(頭皮)の状況は悪化していきます。また、「栄養状態が極端に悪い」「ストレスを溜め込んでいる」「睡眠時間が足りない」「運動をまったくしていない」「タバコをよく吸う」といったことも、薄毛を進行させる要因です。

逆に言えば、適度な運動とバランスのとれた食事をして、睡眠時間をきちんと確保するなど、健康的な生活を送れば、薄毛の進行を遅らせることができます。日常生活の中でも毛髪や頭皮に良いことはたくさんありますし、その大半はすぐに実行できることですから、まだAGAの症状を感じていない人も意識して日々を過ごすようにしてください。