もしかしたらAGAかも…。治療は、いつどのように始めるべき?

友人の結婚式で「お前、頭のてっぺん薄くなったな」と言われた。 ある日注意深く鏡を見たら、かなりM字が進行していた。 写真に写る自分を何気なく見たら、全体的に髪が薄くなっていた。  人それぞれきっかけは異なりますが、「自分が薄毛である」と明確に気付く瞬間が男性にはあるようです。そして、頭髪の状態が、AGA症例の世界的な基準となっている「ハミルトン・ノーウッド分類」のいずれかにあてはまったときは、すぐに対策を始めなくてはいけません。

友人の結婚式で「お前、頭のてっぺん薄くなったな」と言われた。
ある日注意深く鏡を見たら、かなりM字が進行していた。
写真に写る自分を何気なく見たら、全体的に髪が薄くなっていた。

人それぞれきっかけは異なりますが、「自分が薄毛である」と明確に気付く瞬間が男性にはあるようです。そして、頭髪の状態が、AGA症例の世界的な基準となっている「ハミルトン・ノーウッド分類」のいずれかにあてはまったときは、すぐに対策を始めなくてはいけません。

進行するAGAへの防御策は「1日でも早く治療を始める」こと

AGA(男性型脱毛症)の特徴のひとつに、「進行する」というものがあります。もちろん、進行するスピードは人それぞれですが、放っておいて自然に治る見込みはほとんどありません。つまり、一度発症すると、あとは薄くなり続けるしかないのです。よく虫歯は「放っておいても決して良くならない」といわれますが、AGAにもまったく同じことがいえます。
AGAは常に進行しますから、治療に取りかかるのは「早ければ早いほど良い」ということになります(症状が進んでからでは、手の施しようがないケースもあります)。また、治療を早く始めると、選択できる治療方法の種類が増えます。症状に気付いたら、迷っている時間はありません。いち早くケアを始めましょう。

毛母細胞を活性化させるために自分でできること

毛髪は「毛母細胞」にループ状の毛細血管が入り込んで、成長に必要な栄養や酸素、水分を毛乳頭に届けることで成長します。つまり、髪の成長には「毛母細胞を活性化する」ことが重要なのです。この活性化については専門医に任せるだけでなく、自分自身で行えることも多くあります。毎日の生活の中で、毛母細胞のためにできることをご紹介しましょう。

育毛剤の使用

「髪が薄くなってきた」と感じた人の多くが考えるのは「育毛剤の使用」ではないでしょうか。市販の育毛剤には毛母細胞に直接働きかける成分をはじめ、血行を良くする成分が含まれていますので、用法・用量を守ればしっかり効果が現れることもあります。ただし、市場に多く出回る育毛剤のうち、自分の肌に合う物を見つけるのは困難です。できれば専門医の診断を仰ぎ、自分に合った育毛剤を使うようにしましょう。

頭皮マッサージ

頭皮のマッサージは、血行を良くして毛母細胞の活性化をするために、欠かせないケアのひとつです。育毛剤のように、費用がかからない点がメリットです。ただし、自己流で行うマッサージには、「正しいポイントを押さえられない」「届いていない部分がある」「強さなどの加減が難しい」などの問題もあります。正しいマッサージ方法について、一度、専門家のアドバイスを受けるといいでしょう。

亜鉛の摂取

毛母細胞を内側から活性化する方法のひとつが「亜鉛を摂取する」ことです。牡蠣やレバーなど、亜鉛が多く含まれている食材はありますが、毎日意識して食べるのは難しいでしょう。安定して摂取するために、サプリメントを利用するのがおすすめです。

毛髪や頭皮の悩みは男たちの美容外科ですっきり解決

AGA対策は、毛母細胞の活性化を意識し、生活習慣を改善するなど、個人でできることもありますが、いずれも継続させないと効果は期待できません。AGAは進行するという特徴がありますので、できるだけ早いうちに専門医の診断と治療を受けることをおすすめします。

いきなり病院に行くことには、抵抗を感じる方も多いでしょう。そこで、男たちの美容外科では、無料カウンセリングやメール相談、電話相談など、いくつかの選択肢を用意しています。相談内容は、ご自身が独自に行っているケアについての不安やご質問でも、まったく問題ありません。多くの症例に出会い、治療してきた専門医がしっかりお答えいたします。