AGAとはまた違う髪の大きな悩み。円形脱毛症の原因と対策

AGAとはまた違う髪の大きな悩み。円形脱毛症の原因と対策

男性の髪の悩みというと、最近はAGA(男性型脱毛症)がまず挙がりますが、「円形脱毛症」も非常に深刻な悩みのひとつです。病名だけはとても有名な円形脱毛症ですが、具体的にどのような症状を指すのか、何が原因で引き起こされるのか、どうすれば改善するのか…。その実態を知る人はあまり多くないのではないでしょうか。

そこで、本ページでは、円形脱毛症に悩む人、症状を疑われる人に向けて基礎知識をまとめてみました。誰に起きてもおかしくない円形脱毛症について、正しい知識を身に付けてください。

突然発生する円形脱毛症は自己免疫病のひとつ

円形脱毛症は、その名のとおり、頭部にコインのような「円形の脱毛状態が見られる病気」です。この病気による脱毛部は1ヵ所に限らず、同時多発的に脱毛部分が発生したり、頭髪がすべて抜けてしまったりすることもあります。また、頭髪だけでなく「全身の毛が抜けてしまう」症例も存在するなど、実は恐ろしい病気でもあるのです。

発生のメカニズムは近年、少しずつ明らかになってきています。原因は後述しますが、発生には「リンパ球」が大きく関わっています。毛根を守り、毛が伸長する通路ともいえる毛包が、このリンパ球によって壊死状態に追いやられることによって、毛がまったくなくなってしまうのです。

このことから、円形脱毛症は毛包だけをターゲットにした「自己免疫疾患」のひとつと考えられており、リンパ球の動きさえ食い止めることができれば「あっさり毛が復活する」という特徴があります。この点において、同じ毛髪の悩みであるAGAとは大きく異なるわけです。

円形脱毛症を引き起こす原因は体質とストレス

では、いったい何によって円形脱毛症は引き起こされるのでしょうか。さまざまな研究によって挙げられた中でも大きなものは「体質」と「ストレス」です。つまり、円形脱毛症になりやすい体質の人にストレスがかかったとき、最も発症しやすくなります。

AGAとはまた違う髪の大きな悩み。円形脱毛症の原因と対策

例えば、アトピー性皮膚炎のようなアレルギー体質の人や、自己免疫疾患にかかっている人はそれだけで注意が必要です。一方、慢性的なストレスや、一時的であっても強いストレスを感じている人も要注意です。2つ以上の問題を抱えている場合、早めに手を打たないと…ある日突然、頭部にハゲが生じることがあります。

ただし、これらと無縁な人に発症するケースもあるため、原因がすべて解明されているわけではありません。

自然に治すのが一番!?円形脱毛症の治療方法

治療方法の筆頭に挙げられるのは、意外に思われるかもしれませんが「自然治癒」です。元々ストレスのような目に見えない精神的なものが原因であることが多い円形脱毛症は、これといった治療をしなくても治ってしまうことがあります。また、抗アレルギー薬の服用、免疫異常を抑えるステロイド剤の塗布、紫外線療法といった専門治療を行うことによって改善することもあります。治療に際しては、複数の方法を組み合わせることが一般的です。

円形脱毛症の特徴のひとつとして「罹患期間が長いほど治療の難度が高くなる」ということがあります。精神面の比重が大きい病気ですから、できるだけ早めに専門医に見てもらい「安心感を得る」ことが大切です。

ストレスを溜めず、規則正しい生活で円形脱毛症を予防

円形脱毛症にならないためには、日頃の「ストレスコントロール」が大切です。とはいえ、働き盛りの男性が、完全にストレスフリーの生活を送ることは難しいかもしれません。しかし、考え方を変えたり、運動をしたりするなど、自分なりのストレス発散方法を見つけられれば軽減することは可能です。円形脱毛症は、その症状に悩むことが新たなストレスを生み、抜け毛が加速してしまう可能性もあります。一人で悩むくらいなら、早めに専門医のもとを訪れることを検討しましょう。

また、健康的な食事、良質な睡眠、適度な運動を心掛けるといった「規則正しい生活」を送ることも有効です。そもそも規則正しい生活を送ることで、ストレスが軽減されるという側面もあります。円形脱毛症の予防は規則正しい生活からと肝に銘じて、毎日を過ごしましょう。

AGAとはまた違う髪の大きな悩み。円形脱毛症の原因と対策