福岡、広島で男性専門のAGA、発毛、育毛、薄毛治療クリニックは男たちの美容外科 | 上・下眼瞼除皺術 について

ご予約・ご相談・お問い合わせ

男たちの美容外科|上・下眼瞼除皺(じょすう)術

上・下眼瞼除皺(じょすう)術

上・下眼瞼除皺(じょすう)術は、目元の余分な皮膚と脂肪を切除することにより、目元を若返らせる施術です。一人ひとりの症状に合わせて、たるんだ目の周りの筋肉(眼輪筋)を引き上げることも可能です。

このような方におススメ

上・下眼瞼除皺術
  • 年とともに上まぶたのたるみが目立ってきた方
  • 目が小さくなった気がする方
  • 下まぶたがたるんで目袋のふくらみやしわが目立ってきた方
  • 目元の印象を若々しくしたい方

施術の流れ

カウンセリング
色々な疑問や質問に患者様がご納得していただくまで丁寧にお答えいたします。手術をご希望される方は、手術の日程を決めていただきます。

当日
局所麻酔をかけ手術をおこないます。余分な皮膚を切除し、必要に応じて目の周りの余分な脂肪を取り除きます。その後、状態に合わせて目の周りの筋肉(眼輪筋)を引き上げ固定して縫合します。

抜糸(術後6日前後)
経過に問題なければ抜糸をします。

  • 施術直後より2日間はこまめに冷却をし、入浴やアルコール摂取はお控えください。(血行が良くなると腫れがひきにくくなります)
  • 術後2~3日間は、顔面がうっ血するようなうつむいての作業はお避けください。
  • 洗髪、目の周りに気をつけながらの洗顔は翌々日からになります。
  • 抜糸までの期間、施術部位には1日数回軟膏を塗り、常に潤った状態にしてください。
  • 傷あとが落ちつくまでの期間、こすったりもんだりして刺激を与えないでください。
  • 抜糸後しばらくは紫外線に当たらないよう気を付けてください。

症例写真

当院患者様(44歳)

たるみ取り(切開)

当院患者様(35歳)
目頭切開+タルミ取り(上眼瞼除皺術)+脂肪取り(上眼瞼脱脂術)

二重まぶた症例写真

当院患者様
目の下のたるみとり(下眼瞼除皺術)

よくある質問

手術後の圧迫は絶対に必要ですか?

圧迫のしすぎも良くありませんが、血腫を防ぎ腫れを最小限に抑えるために圧迫は必要です。

コンタクトレンズの使用はいつから可能ですか?

コンタクトレンズに関しては特に制限はありませんので、通常通り使用していただいて構いません。

  • 形成外科専門医と麻酔科専門医の監修のもとで行うことにより一人ひとりの患者様の状態に合わせた適切な手術や麻酔投与を行う事を徹底しております。
  • ■ 患者様にご安心頂けるよう、1週間後の経過観察やその後の経過についてのご相談も責任を持って行っております。
  • ■ 手術瘢痕(傷あと)が目立ちにくくなるように、切開や縫合にも細心の注意を払って施術を行います。

施術について

施術時間

約1~2時間

通院について

翌日に一度ご来院と
約5~7日後に抜糸

洗顔

翌々日から可(優しく)

シャワー

翌日から可(首から下)

入浴

3~4日後から可



来院のご予約
メール相談・お問い合わせ

来院のご予約
メール相談